Japanese
JP

EN

Service 診察内容

子どもの予防矯正について

PREVENTATIVE ORTHODONTICS FOR KIDS

「将来を考えて子どもの歯並びについて、今できることをやっておきたい」
当院では重篤な不正咬合(悪い歯並び)を予防するための、小児矯正に力をいれています。
小児期からの矯正治療をおこなっていると、大人になってからの矯正が必要なくなったり、
短期間で終わらせることができるようになる可能性があります。

当院の予防矯正の特徴

1

精密な診査・診断

必ず日本人歯科医師が最初に診査診断を行います。
矯正用の検査(模型・レントゲン・口腔内写真検査/検査料$100)をもとに、しっかりとカウンセリングを行なってから治療をスタートしていきます。

2

原因にアプローチ

原因にアプローチする治療を行なっています。
不正咬合の原因は様々ですが、近年では口の周りの筋肉の不調和が大きな要因の一つと言われています。当院では原因を考えそこにアプローチをすることで、大人になってもなるべく後戻りのしにくい治療を行なっています。

症例写真 1

(治療結果には個人差があります)

初診時

3ヶ月(治療継続中)

主な使用装置

MYOBRACE (T4K)

子ども用のマウスピース型装置です。
6歳~14歳くらいが適応となります。口の周りの筋肉を鍛え、
バランスを整えることでなるべく自然に良い歯並びへと導く装置です。

症例写真 2

(治療結果には個人差があります)

初診時

3ヶ月(治療継続中)

主な使用装置

拡大床

身体の発達の過程で、顎の骨が狭くなってしまうことがあります。
歯が並ぶスペースが足らない場合、顎のスペースを広げる治療が必要になります。
装置でスペースをつくることで歯を並べる事ができます。

こどもの矯正治療の相談は随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。